top of page
作家照片.jpg

白于郊、中国山西省に出身、日本埼玉県に現住。幼い頃から絵画を愛し、伝統的な中国画を専攻し、特に動物、仏菩薩の造像、および神獣などを描くのが得意である。
現在は中国美術学院岩彩画研究員、山西少白岩彩芸術創始者、白神録異世界システム創始者、中国伝統絵画の普及伝承者、東京都銀座NEOI Gallery首席契約画家である。
生涯は水墨画、岩彩画、壁画などの研究に専念し、岩彩壁画事業に15年以上従事し、豊富な創作と古画模写経験を持っている。現在、主に岩彩画と水墨画の結合に関する革新と研究、および神話体系絵画作品の探索と創作を行っている。

はく    うこう

白 于郊

    bottom of page